交渉下手な僕でも簡単に店頭価格より値下げして貰える方法

スポンサーリンク

本日、コジマ電気で掃除機を買いました。

我が家は現在5,000円の掃除機を使っています。

しかし、掃除好きの嫁が最近ずっと新しい掃除機が欲しいと言っていたので購入することに決めました。

コジマ電気に行き、いろいろと掃除機を観たのですが、やはりダイソンの掃除機が良さそうです。

しかし、ダイソンの他に嫁はパナソニックの掃除機が気に入ったみたいです。

店頭価格を見ると税込み51,000円位。

51,000円はちょっと高いので、頑張って価格交渉することにしました。

コジマ電気で掃除機の価格交渉をする。

まず、店員さんを呼んで価格交渉をします。

アルバイトの雰囲気ではなかったので、社員だったと思います。

まずはサラッと

「少し高いので、価格下がりませんか?」

と聞いてみました。

僕は値下げ交渉をするのが苦手なので嫁に言ってもらいました。

すると、店員さんは少々お待ち下さいと、誰かに聞きに行きました。

5分位して店員さんが帰ってくると、

「5,000円なら割り引きます。」

5,000円割引でもまだ45,000円位です。

少し高いです。

僕は勇気を持って次の行動にでました。

コジマ電気ネットショップの価格を店員さんに見せる

僕は店員さんが値下げの価格を聞きに行っている間、コジマ電気のネットショップでこの掃除機はどのくらいの価格だろうと調べてみました。

そうしたらなんと

税込み「39,800円」

店頭価格よりも1万円以上安いです。

これでは納得いかないとネットショップの画面をみせると、あっさりとネットショップと同価格の

税込み「39,800円」

にしてくれました。

はじめに値引き交渉したときに誰かに聞きにいったのはいったい何だったんだろう。

しかも、値引きプラス無料保証期間も5年に延長してくれました。

店頭で購入する場合は絶対に値引き交渉をしないと損

僕は恥ずかしいのでほとんど値引き交渉をしたことないのですが、店頭で製品を購入する場合は絶対に値引き交渉するべきだと痛感しました。

今回の掃除機は値引き交渉をすることで、1万円以上もの値引きです。

方法も簡単で、その店のネットショップ価格を店員さんに見せるだけです。

これならば恥ずかしがり屋の僕でも値引き交渉が簡単に出来ます。

激安店の価格や、セール価格を店員さんに見せてもいろいろと理由を言われ値引きしてくれないところが多いと思います。

しかし、同じ店のネットショップの価格なら言い訳出来ませんし、値引きしてくれる確率はグッと上がります。

たった一言でとても簡単なので、皆さん是非やってみて下さい。

【番外編】なぜかジャガイモと玉ねぎの詰め放題を貰う

掃除機を購入した後、コジマ電気ではなぜかジャガイモと玉ねぎの詰め放題を貰いました。

jagatama

なぜやっていたかは不明です。

詰め放題だったので頑張って詰めました。

しかし、帰ってから観てみるともう2個位ジャガイモが入った気がします。

もっと頑張って詰めれば良かったです。

しばらく、ジャガイモと玉ねぎは買わなくて済みそうです。

まとめ

今回、コジマ電気で掃除機を購入するため初めて値下げ交渉してみましたが、思いのほか簡単に値下げすることが出来ました。

方法は同店のネットショップの販売価格を店員さんに見せるだけです。

恥ずかしくてなかなか値下げ交渉が出来ない人でも、これなら簡単に出来ます。

これからも、店頭で製品を購入する場合はこの方法で値下げ交渉をしようと思います。

スポンサーリンク

ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です