夫婦喧嘩の対処法・予防について考える

kosodate

スポンサーリンク

昨日、妻と喧嘩しました。

理由は、きっと食事中にも関わらず、仕事をしていたことだと思います。

週明けまでにやっておけば良かったのですが、会計のことでちょっと気になることがあり、早く確認したかったので、食事中にも関わらず資料を作成してました。

嫁は、娘を見ててほしかったみたいなのですが、早く確認して報告したかったので、ちょっと無理と言ったらもうそこから喧嘩です。

そして、現在進行中で喧嘩中です。今一人でやることがないので、夫婦喧嘩の対応についてのブログを書いているわけです。

結構いろいろあって、意見もみな違うので、自分に合ってる方法を実戦してみようと思います。

自分に合った夫婦喧嘩の対処法

冷却期間を持つ

喧嘩をしている時は、顔もみたくありません。

顔を合わすとまず喧嘩になります。

しかし、冷却時間を持つことで、冷静に物事を判断することが出来ます。

僕も、まだけっこう怒ってますが、なるべく冷静に夫婦喧嘩の対処法について調べています。

お互い冷静になってから、話し合う方がいいですね。

謝らない

謝らない。

以前、もう喧嘩が嫌だったので、謝ったことがあるのですが、何について謝ってるの?本当に悪いと思ってるの?と謝ってもまた喧嘩に発展してしまいました。

頑張って謝ったんですが、>火に油を注いでしまうので、我が家の場合は謝らない方が良さそうです。

口喧嘩で反論しない・勝とうとしない

喧嘩をした際に、相手の言っている事に反論すると、どんどん喧嘩が悪化します。

そもそも、僕は口がうまくないので勝てないのですが、何を言われても反論はしない事にします。

また、相手の言っている事に揚げ足を取ることも、ただ怒らせるだけなので控えたいです。

(番外編)無視されても笑顔で話しかける

これ、夫婦喧嘩の仲直り方法で書いてあったのですが、みなさんできるでしょうか。

今現喧嘩中の立場からすると、ちょっと出来ません。

なぜなら僕も少し怒っている最中なのでとても笑顔で話しかけられないです。

これって、相当メンタルが強くないと出来ないと思います。

僕も、無視されても笑顔で話しかけられるくらい器が大きくなりたいですね。

夫婦喧嘩をしないようにする方法

夫婦喧嘩をした際に、挨拶だけはすると決めておく

喧嘩すると、直後は少しも話したくないので、会話がありません。

そのまま話すキッカケがなくなります。

ですが挨拶だけはすると決める事で、話すキッカケが産まれるようになります。

今後、仲直りしたら嫁に提案してみようと思います。

お互いを思いやる

お互いを思いやって、感謝の言葉をいう。

これは僕が欠けている部分なので、反省しなければならないのですが、嫁が当たり前にいつも洗濯や掃除をしてくれているので、あまり感謝の言葉を言ってません。

これからはなるべく感謝の言葉は言うようにしたいと思います。

言葉に気を付ける

自分が何気なく言ったことでも、相手にとってみれば傷ついていることもあります。

僕も悪気はないですが、たまに失言をしてしまうので、言葉には気を付けます。

まとめ

ブログを書いている間に嫁が話しかけてきて、なんとか喧嘩は収まりました。

我が家の場合は、僕が何かアクションを起こさず、じっと嫁の怒りが収まるのを待っていた方が良さそうです。

人によって、夫婦喧嘩の原因、仲直りの方法は変わると思いますが、その夫婦に合った対処法を見つけていければ良いと思います。

まずは、夫婦喧嘩を起こさない予防が大事ですね。

スポンサーリンク

ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です