成功者は禅を取り入れる

スポンサーリンク

今世界中で禅宗の教えを暮らしに取り入れることがブームとなっています。

禅(ぜん)は、大乗仏教の一派である「禅宗」(ぜんしゅう)の略、もしくはサンスクリット語のdhyānaの音写「禅那」の略。また「座禅」(「坐禅」)の略としての意もある。

引用元:wikipedia

禅とは、端的に言うと「余計なものを捨て、シンプルに生きる」という教えです。

世界の成功者も禅を取り入れています。

今日は禅を取り入れた成功者を紹介します。

スティーブ・ジョブズ

アップルの創業者スティーブ・ジョブス氏は生活に禅を取り入れていました。

ジョブズ氏は、アップルの理念を「フォーカスとシンプルさ」と定義しています。

「シンプルであることは、複雑であるより難しい」と語っていますが、これは禅の教えの一つです。

また、ジョブズ氏は禅の教えを守り、ミニマリスト志向を徹底しています。

アップル製品のシンプルなデザイン、シンプルな機能はこうした禅の教えが基となって作られたのではないでしょうか。

シンプルなアップル製品は今や世界中で愛されています。

エリック・シュミット

グーグルの食堂は広々とした写真食堂を提供しています。

「喫茶去(きっさこ)」を促し、社員達がリフレッシュできる環境を整えています。

禅の精神を思い出すことで、自分に余裕がなく気持ちが焦っていることに気づき、行動を振り返るきっかけをつくります。

気持ちに余裕がない、気持ちが焦っている状態では良い仕事は出来ません。

シュミット氏は社員達に自分の状態に気付いてもらい、余裕をもって仕事をしてもらいたく、「喫茶去」を取り入れ社員をもてなしたと言われています。

イチロー

イチロー選手も禅を取り入れています。

イチロー選手といえば、ウォーミングアップやバッティング練習、打席に入る前の仕草、毎回同じパターンで繰り返し、ルーティンを大切にしています。

禅では、毎日決まった時間に起き、決まった時間に食事を取り、決まった時間に座禅を行い、そして決まった時間に寝るという修行があります。

とにかく精神を集中して一つのモノになりきる。

無心になってやることで、精神を集中し、ミスを減らすことができます。

これがルーティンです。

一つ一つを丁寧に確実にこなすことによってミスを減らしています。

そうした毎日の積み重ねが日米4257安打の世界安打記録の更新、メジャーシーズン最多262安打、メジャー最長10年連続シーズン200安打達成など、偉大な記録を残しています。

マイケル・ジョーダン

マイケル・ジョーダンは数々の劇的なシュートを決めていますが、彼はこう言っています。

「ゲームの最後の場面で、禅のおかげで観客が静かに感じられた。周囲の動きがゆっくり見え始め、コートがよく見えた。」

マイケル・ジョーダン

この時ジョーダンが所属していたチームを指揮していたのが、フィル・ジャクソンという偉大なヘッドコーチです。

ジャクソンヘッドコーチは「禅の書」をバイブルとしてチームをまとめました。

「万物との一体感」チームの和を大切にすること。

「無私の心」今この瞬間を集中すること。

マイケル・ジョーダンほどの偉大な選手も禅を取り入れ、数々の偉大な記録を残しました。

まとめ

ビジネスの世界でも、スポーツの世界でも禅を取り入れ、成功している方が多くいます。

また、グーグル、アップルだけでなく、シリコンバレーでは多くの企業で禅を取り入れたプログラムが実施されています。

禅は余計なものを捨て、シンプルに生きるという教えです。

僕も以前から、余計なものを捨て、シンプルライフを心掛けたいと思っていたので禅にとても興味が沸きました。

まだ禅を知ったばかりなので詳しくありませんが、これから禅を勉強し、自分の生活にも禅を取り入れていきたいです。

スポンサーリンク

ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です