MacBookにハードシェルケースを付けた理由

macbook-hardshellcase2
スポンサーリンク

僕は、現在15インチのMacBookを使っていますが、初めはハードケースを付けていませんでした。

15インチ型「MacBookPro2016」整備済製品を開封する

2017.10.29

購入当初はハードケースを購入しないつもりでそのまま使うつもりでした。

MacBookにハードシェルケースを付けなかった理由

なぜハードケースを購入しないつもりだったかと言うと、こんなエピソードを聞いたからです。

内容は、記者がスティーブ・ジョブズにインタビューするところから始まります。

その際にインタビュアーがケースの付いたiPodを取り出します。

その際にスティーブ・ジョブズは残念な表情をして

「傷の付いたステンレスは美しいと思うけどね」

と言ったそうです。

スティーブ・ジョブズは当時のiPodのデザインにこだわりを持っていました。

本体の見た目、触り心地、重さなど非常にこだわっています。

なので本体にケースを付けていたことが不服だったようですね。

このエピソードを聞いて、最初はハードケースは買わないつもりでした。

気軽に使えない

最初は、ハードケースを付けないでMacBookを使っていました。

しかし、なんとなく気を使ってしまって気軽に使えません。

傷が付くのが嫌だからです。

スティーブ・ジョブズは「傷の付いたステンレスは美しいと思うけどね」と言っています。

しかし、頭ではそう思っていても、やはり気になってしまいます。

なぜ気になってしまうのか。

売却する時の事を考えてしまう

スティーブ・ジョブズはきっと、MacBookの売却など考えていません。

しかし、僕の場合は次のMacBookを購入することになった際に、少しでも今のMacBookを高く売却したいと考えてしまいます。

今のMacBookを売却した資金を、次のMacBookの購入に充てたいからです。

そう考えると、安易に傷をつけられません。

また、僕が使っていたMacBookを少しでも綺麗な状態で次の人に回したいという思いもあります。

MacBookにハードシェルケースを付ける事を決意

やはり、売却する時の事を考えると、ハードシェルケースは付けた方が良いと思い、思い切ってハードシェルケースを購入することにしました。

いろいろ悩みましたが、結構アップルストアで販売されている「Incase 15インチ Hardshell Case for MacBook Pro with Thunderbolt 3 (USB-C)」の購入を決めました。

5,400円と少し値段は高いですが、アップルストア公式と言うのが魅力でした。

色はクリア、アクア、ブラック、シーブルー、ラズベリーとありましたが、僕はアクアが一番気に入ったのでアクアを購入しました。

macbook-hardshellcase1

ブラック、クリアと悩みましたが、アクアが一番しっくりきました。

もう少し濃い水色の方が良かったのですが、実際に使ってみるとこの色もなかなか良いです。

macbook-hardshellcase2

アップルのリンゴマークがうっすらですが、透けて見えます。

プラスチック素材なのですが、そんなに厚くなく気になりません。

まとめ

MacBookにハードケースを付けるのには非常に悩みましたが、結果付けて良かったと思っています。

アクア色も気に入りました。

しかし、売却の事を考えていなかったり、傷が気にならない方はやはり何も付けないのが一番カッコ良くて良いかと思います。

せっかく高いMacBookを購入したので、これからもっと大事に使っていこうと思います。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.