ケチではなく節約家になるためのポイント

スポンサーリンク

ケチと節約はお金をなるべく使わないという点で同じです。

しかし、ケチと節約は似ているようで全然違います。

ケチ:むやみに金品を惜しむこと。また、そういう人や、そのさま。

節約:むだ遣いをやめて切りつめること。

引用元:goo 辞書

ケチは嫌な響きで悪口にしかなりませんが、節約はお金の管理が出来ているという高印象を与えます。

ケチでなく、節約家になるために気を付けることを3つにまとめました。

人の為にお金を使う

何に対してもお金を使わない、出し惜しむというのは節約ではありません。

いつもみんなに奢ったり、無理をして高いプレゼントを買うなどはいけませんが、普段お世話になっている方や、結婚式のご祝儀など、有意義な人間関係を築くことに使うお金は無駄ではありません。

むしろ今後の事を考えたら良いお金の使い方です。

無理する必要はありませんが、必要な時は気持ちよく人の為にお金を使える人になりましょう。

自分への投資は惜しまない

自分への投資はなるべく出し惜しみしないようにしましょう。

自分を成長させるための投資は無駄ではありません。

自分にとって必要な投資は長い目で見たら投資額以上のものが返ってくる場合もあります。

過剰に自分への投資をするのは良くありませんが、本当に自分に取って必要な投資かどうかを見極め、必要だと判断したならば自分への投資を惜しまず出資しましょう。

必要なものにはお金を使う

なんでもかんでも貯金するのではなく、必要なものにはお金を使いましょう。

靴下に穴が空いているのにそのままにしたり、ヨレヨレになったTシャツを着続けるなど最低限の身だしなみは整えましょう。

また、家族旅行は行かなければお金はかかりません。

しかしお金を使わず常に貯金していても天国までお金は持って行けません。

海外の高級ホテルに泊まる必要はありませんが、家族の思い出となる旅行は出し惜しみせず行った方が良いです。

お金をどんどん使ってしまうのはダメですが、貯めているだけでもダメです。

普段の生活は節約し、必要な時には使いましょう。

自分で本当に必要なものを考えて必要なものにお金を使っていくようにしましょう。

まとめ

僕も今なるべく節約していますが、節約を意識するあまりケチになっている部分もありました。

しかし、お金は貯めるだけが目的になってしまうと人間関係も悪くなりますし、周囲の人を不快にさせてしまうこともあります。

無駄なお金、必要のないお金をつかう必要は全くありませんが、本当に自分に必要なお金だと判断した場合は出し惜しみなく使っていくべきです。

僕もケチな人でなく、お金の使い方が上手な節約家を目指して頑張ります。

スポンサーリンク

ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です