痛風になりました。とても痛いです。

tufu

スポンサーリンク

一昨日、なんだか左足の親指がジンジンすると思ったのですが、今日起きたら、まともに歩けないくらい痛くなってました。

健康診断でずっと尿酸値が高いとは言われていましたが、ついに痛風になってしまいました。

昨日誕生日で31才になったのですが、30代で痛風になるなんて痛すぎます。

痛風とは

痛風は尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気です。

尿酸値が高い状態を高尿酸血症といいます。

高尿酸血症とは尿酸の血液中に溶解可能な最大濃度である7.0mgdlを正常上限とし、これを超えるものを高尿酸血症と定義されています。

僕の場合、尿酸値が9.0mgdl位ありました。

10年前位からずっと高かったのですが、尿酸が体の中にたまり、ついに左足の親指に症状が出ました。

いずれなるとは思っていましたが、30代で痛風になってしまいました。

病院へ

痛い足を引きずりながら頑張って内科の病院へ行くと、やはり痛風だろうということで、血液検査を受けました。

結果はまだ出ていませんが、おそらく痛風です。

採血は今でも少し怖かったです。

その後、処方箋を貰い、関節の炎症を抑える薬を貰いました。

プレドニン錠 5mgバファリン330mgという薬です。

これを朝昼晩飲みます。

ネットで調べたところ痛風発作時はバファリンは飲んじゃいけないと書いてあるのだけど大丈夫だろうか。

アスピリンっていう成分の作用で痛風の痛みが増してしまうみたいです。

また、プレドニンはステロイド系の薬で、効果が高いみたいなのですが、副作用があるらしく、あまり多く服用しすぎると体に負担がかかってしまうみたいです。

いろいろ心配ですが、とりあえず医者の言われた通りに薬を飲んでおこうと思います。

痛風を改善させる方法

まず、病院にいって診てもらうことが大事ですが、自分で出来る改善方法を調べてみました。

  • プリン体の多い食品を控える。
  • ドカ食い、早食いをしないでよく噛む。
  • お酒の飲みすぎに注意する。特にビールはプリン体が多いので飲まない。
  • 塩分の取りすぎに注意する。
  • 水分を良くとる(1日2リットルを目安に)
  • 激しい運動をしないで、軽い運動をする。
  • 海藻類、野菜、果物、大豆、キノコなどの摂取量を増やす
できる事はたくさんありますね。

僕は最近あまり野菜を食べず、ラーメンばかり食べていたので、気を付けたいです。

また間食、夜食も多かったので気を付けたいです。

まとめ

今回、痛風になってしまったのはかなりショックですが、なってしまったものはしょうがないので、これから生活を改善して、痛風が起こらないようにしていきたいです。

明日病院に行くのですが、医者の言うことを守って正しく治療していきれば良いと思います。

早く痛風の痛みが引いてほしいです。

スポンサーリンク

ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です