フレッドペリーのシンプルなポロシャツを購入しました

スポンサーリンク

昨日、BEAMSでFRED PERRYのポロシャツを購入しました。

セール中だったので、定価の40%OFFの9,450円での購入です。

zozotownの名称は

FRED PERRY×BEAMS / 別注 カッタウェイ フルオープンポロ 16SS

と言います。

色はホワイト、水色、ネイビーとあるのですが、僕はネイビーを購入しました。

サイズはMです。

このポロシャツは少し大きめに作られているため、普段Lを着ている人はMがちょうど良いです。

家で服を広げてみる

家に着いて服を広げました。

fred-polo1

普通のポロシャツと違い、前がフルオープンとなっています。

羽織りものとしても使える大人顔ポロ。

カッタウェイ仕様のフルオープンタイプ鹿の子ポロ。

衿の配色をホワイトにすることでクレリックシャツのようなイメージをプラスしています。カジュアルにも上品にも使える大人顔ポロです。

引用元:zozotown FRED PERRY×BEAMS / 別注 カッタウェイ フルオープンポロ 16SS

zozotownの説明は専門用語が多すぎて難しいです。

カッタウェイ・・・カッタウェイとは襟がほぼ水平にカットされたもののこと。

fred-polo2

上記の画像、襟の部分がほぼ水平になっています。

このことをカッタウェイって言うんですね。

初めて知りました。

さりげなくインパクトがあり、ちょい悪オヤジ達が愛用しているみたいです。

鹿の子素材・・・鹿の子編み素材は、凸凹ができる編み方をしたニット生地のこと。

鹿の子のような模様となっているため、鹿の子編みと呼ばれています。通気性が高くて涼しさを感じさせてくれます。

鹿の子ポロって生地のことなんですね。

知りませんでした。

これから夏なので鹿の子素材は通気性が高く涼しいので着る機会が増えそうです。

クレリックシャツ・・・襟と袖口に白無地の生地を用いた色物や柄物(がらもの)のシャツ。

クレリックシャツは襟に白無地の生地を用いた色物のシャツのことなんですね。

これも知りませんでした。

これでやっとzozotownの商品の説明が理解出来ました。

ファッション用語は難しいです。

fred-polo3

これが裏の画像です。

特に何の柄もなくシンプルです。

fred-polo4

正面をアップにした画像です。

フレッドペリーのロゴがさりげなく入っていてかっこいいです。

早速ポロシャツを着てみる

買ってすぐに出かける用事があったので早速着てみました。

fred-polo5

僕は180㎝の75㎏ですが、Mサイズでピッタリでした。

腕が普通よりも少し太いので、袖の部分だけ少しだけきつい感じがしましたがほとんど気になりません。

娘がだっこといってずっと離れませんでした。

fred-polo6

横から見た感じです。

やはり腕がきつそうです。

fred-polo7

後ろから見た感じです。

柄がないのでシンプルです。

丈もそんなに長くなくちょうど良いです。

まとめ

最近服を買っていなかったのですが、久しぶりに買いました。

フレッドペリーのポロシャツは以前にも購入したことがあり、とても気に入っていました。

今回のポロシャツもシンプルで気に入っています。

zozotownの説明はいろいろ専門用語が書いてあってよくわからかったのですが、今回調べてみて勉強になりました。

ショックだったのが、店舗で買うよりzozotownで買ったほうが約1,000円安かった事です。

でもzozotownにはサイズがなかったので良しとします。

しかし次からは衝動買いせずにもっと考えてから購入しようと思います。

スポンサーリンク

ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です