リオオリンピック中に柔道漫画「YAWARA!」を観て感動する

スポンサーリンク

最近、Huluという動画サイトでアニメ「YAWARA」を観ています。

「YAWARA!」(ヤワラ)は、浦沢直樹先生による柔道漫画です。

主人公・猪熊柔が、「普通」の女の子になりたいという願いと、自身の柔道の才能との間で葛藤しつつも、徐々にその力を発揮・自覚し、日本国内を始め世界のスポーツの祭典アトランタオリンピックまで雄飛してゆく姿を描く柔道恋愛漫画作品である。

引用元:ウィキペディア

テレビの再放送でYAWARAがやっていてHuluで配信されないかな?と思っていたところ、タイミング良く配信されました。

アニメは全部で124話。(1989年10月16日〜1992年9月21日)

スペシャル版の1話で完結します。(1996年7月19日)

YAWARA!は熱血柔道漫画というより、ラブコメディ

僕が最初にYAWARAを観たのは1996年のアトランタオリンピックに合わせて放送された「YAWARA!special ずっと君のことが・・・。」です。

僕は1985年生まれなので当時11歳。小学5年でした。

Huluで改めてYAWARA!specialを観て、子供ながらに空港での柔と松田のラストシーンはドキドキしたことを思い出しました。

松田耕作はスポーツ新聞記者です。

ある日、女子高生だった柔が巴投げでひったくり犯を投げ飛ばすのを目撃してから、柔を追いかけるようになります。

しつこい記者だった松田ですが、松田の熱意と優しさに次第に惹かれた柔は、最後松田と結ばれます。

柔道のシーンも迫力があったのですが、僕はこのラストシーンの方が鮮明に覚えています。

アニメ版も柔道の試合も面白いのですが、柔と松田の恋模様が面白いです。

親友の富士子さん

YAWARAの中でも僕が特に好きだった脇役は伊東富士子です。

富士子は柔が短大に進学した際に出来る親友です。

いつも柔のことを考えてくれていて、とても優しいです。

こんな親友がいたらとても心強いですね。

富士子は3歳からバレエを習いますが、身長が伸びすぎて断念します。

バレエは断念したのですが、後に柔と一緒に柔道を始めます。

柔は元々強くて、作中では不戦敗の1敗のみ。

それも面白いのですが、やはりスポーツ漫画は成長していく過程が面白いです。

富士子は短大から柔道を始めますが、高い才能と独特のリズムでどんどん成長していきます。

「アン・ドゥ・トロア」っていう掛け声を1度は聞いたことあると思います。

富士子が柔道の投技のタイミングをつかむのに使った言葉です。

柔道初心者だった富士子がオリンピックで銅メダルを取るまでの過程も面白いです。

濃い脇役たち

YAWARA!に出てくる脇役たちはとても濃いです。

祖父の滋悟郎は柔道のこと、柔が国民栄誉賞を取ることしか考えていません。

柔のライバルとなる本阿弥さやかは現実にはいないであろうと思う位に高飛車です。

富士子の旦那となる花園薫はありえないくらい熱いです。

松田の恋のライバルとなる風祭慎之介はイケメンなのに極度のあがり症、優柔不断です。

その他、大学の柔道部のメンツ、柔のライバルジョニー・ロックウェル、柔の恋を邪魔する加賀邦子など、どのキャラクターも突き抜けています。

現実世界にはいないであろうこの突き抜けた脇役たちがアニメを面白くしていて、観ていて飽きません。

なんといっても主役の猪熊柔

なんといっても主役の猪熊柔がとても魅力的に描かれています。

柔ってやっぱり作者の浦沢直樹さんの好みなのかな。

だとしたら僕とかなり好みが似ています。

普通の女の子だけどめちゃくちゃ柔道が強い。

礼儀はキチッとしていて、優しいだけでなく怒るときは怒ります。

柔道を始めたと思ったら、やっぱり辞める。

松田が好きなのに風祭も気になる。

かなり優柔不断な面もありますが、そこも魅力なのだと思います。

第2の柔ちゃんが現れて欲しいですね。

まとめ

今回はHuluでTV版の「YAWARA!」を観ましたが、高校の時は漫画の「YAWARA!」を良く読んでいました。

YAWARAの最終巻を読んだ後に、普段全然話したことのないルームメイトから、

「柔に会えなくなるの寂しくなるよねー。」

と言われたことを覚えています。

僕もそう思いました。

ホントに面白い作品は、最終巻を読んだ後にとても充実感がありますが、同時に寂しくもなります。

今回改めてアニメ版「YAWARA!」を観ましたが、当時と同じような気持ちになりました。

またこのような作品に出会えるようにいろいろなものを観て、聞いて、読んでいこうと思います。

スポンサーリンク

ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です