リンクを張る際の注意点 ノーフォロータグとは (rel=”nofollow”)

スポンサーリンク

今回、自分のサイトから他サイトにリンクを飛ばす際に注意しておきたい項目はないか調べたところ、ノーフォーロータグという単語がけっこう出てきました。

なので、今回はノーフォロータグについて書いていきます。

ノーフォロータグ (nofollow) とは

リンクにノーフォロータグを付与することで、リンク先のサイトに評価を付与しないことができます。

なぜわざわざのフォロータグを付けて、リンク先のサイトに評価を付与しない方が良いのか。

調べてわかったのですが、自分のサイトから、他サイトに行ったとグーグルが確認すると、自分のサイトの評価が下がるみたいです。

もともとサイトの評価が低いので、下がることはありませんが、下げられると聞くとやっぱり嫌です。

じゃあ、他サイトにリンクを送りたいときはどうすれば良いのか。

そんな時に、ノーフォロータグを使います。

ノーフォロータグを使うことによって、「リンク先と私は関係ないです」と出来ます。

なので、今回僕はノーフォロータグを使ってみようと思います。

ノーフォロータグの使い方

ノーフォーロータグの使い方ですが、リンクを挿入すると以下のよう記述されます。

<a href=”リンク先のURL”>リンク表示の名前</a>

これだけでもリンク先に飛ぶことが出来るのですが、これにノーフォロータグを追加します。

ノーフォロータグ「rel=”nofollow”」

<a href=”リンク先のURL” rel=”nofollow”>リンク表示の名前</a>

これによって、ノーフォロータグが追加され、無事にリンク先と僕との関係を断ち切ることが出来ました。

(番外編) 新規タブでページを開く

また、このままだとリンク先をクリックした瞬間に、現在のページがリンク先の情報に更新されてしまうのですが、

「target=”_blank”」を入れる事で新規タブでページを開く事が出来ます。

下記「target=”blank”」を入れた場合の記述です。

<a href=”リンク先のURL” target=_blank” rel=”nofollow”>リンク表示の名前</a>

基本的に外部サイトにリンクを張るときは、この「target=”blank”」も入れた方が良いですね。

では、上記を実際にやってみます。僕が良く使っているヤフーに飛ぶようにリンクを設定します。

ヤフージャパン

うまく出来ました。

ノーフォロータグの使い方注意点

外部リンクにノーフォロータグを記述するメリットは書きましたが、これを内部リンクに使わないようにしましょう。

外部リンクとの関係を断ち切る分には、サイトの評価が下がらず、メリットがあります。

しかし、内部リンクの関係まで断ち切ってしまうと、SEO対策で不利になってしまいます

僕はこれからリンクを張る際に、外部リンクにはノーフォロータグを使用、内部リンクには使わないを心がけます。

スポンサーリンク

ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です