シンプルな食事法『シンプルに生きる (ドミニック・ローホー) 』

simpleniikiru

スポンサーリンク

ドミニック・ローホー「シンプルに生きる」の食事編を読んで、参考になった点、気になった点を書いていきます。

わたしたちは、あらゆるものが過剰な社会に生きています。

消費過多、栄養過多。肥満は、食べることに対する感覚が麻痺した結果に生じるものです。

そして、なにかが多すぎるか少なすぎる、あるいは早すぎるか遅すぎる。

―こういったバランスを欠いた状態が、からだの不調やひいては病気を招く源なのです。

引用元:ドミニック・ローホー「シンプルに生きる」P136

食事の量を少なめにする

現代社会は、24時間営業のコンビニや、牛丼屋、ラーメン屋などがありいつでも美味しい食事が食べられます。

冷蔵庫にアイス、プリン、冷凍食品など、食べようと思えばいつでも食べられます。

なので、自分で摂生しようとしなければたいてい食事の量は多くなってしまいます。

食事の量が多いと、消化や吸収をするためからだに常に負担がかかっている状態になります。

肥満は病気の基なので良くないです。

僕は今痛風ですが、これも食事の量が関係しています。

なるべく食事の量を減らし、からだに負担をかけないようにしましょう。

「もっとも重い病気は己のからだに無頓着でいることである」

引用元:モンテーニュ (ドミニック・ローホー「シンプルに生きる」P137)

空腹のときのみ食べる

空腹のときのみ食べるって意外に出来ていない人が多いと思います。

僕もお腹が空いてなくても、昼食、夕食は食べてしまいます。

お腹が空いていないときには無理して食べず、お腹が空いたときのみ食べるようにしましょう。

今痛風で食事制限をしてるので満腹になることはないですが、空腹の状態で食べる食事は以前の食事に比べとても美味しく感じます。

常にからだの状態を自分で把握しながら食べることが健康的な食べ方のポイントです。

自分が空腹で食べたいと思ったときに食べるようにしましょう。

食事の環境を整える

きれいに盛り付けられた完璧な料理を、すてきな空間のなかで食べる。

そうすると、量がすくなくても充分満足できるはずです。

二口、三口で満ち足りることができます。

引用元:ドミニック・ローホー「シンプルに生きる」P145

普段あまり食事の環境を整えるということは意識したことはありませんでしたが、食事の環境を整えることはとても大事だと知りました。

我が家はたまにタッパーのまま食事を食べることがあります。

これからはちゃんと皿に盛り付けてから食べるように心がけます。

また、テレビも消して有意義な食事の時間を過ごしたいです。

まとめ

今まで、お腹が空いていなくても夜食を食べたり、お腹が一杯の状態でも何か食べたりと不摂生な生活を送ってきました。

しかしそれが原因で痛風になり、体重も増加してしまいました。

これからは食べる量を少なくし、空腹のときのみ食べるようにして自分の健康は自分でちゃんと管理していきます。

また、食事の時間は大切に有意義な時間を過ごしていきたいです。

スポンサーリンク

ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です