クーラー代の節約術5選

スポンサーリンク

最近暑い日が続いています。

先日は7月のはじめなのに東京では36度を記録していました。

我が家もなるべくクーラーは付けないようにしていたのですが、さすがにクーラーを付けました。

今日は、少しでもクーラー代を節約する方法を紹介します。

設定温度は28度に設定する

クーラーの設定温度は28度に設定しましょう。

温度を1度あげるだけでクーラー代は節約になります。

28度でも充分に快適に過ごせるので間違っても18度とかにしないようにしましょう。

風向きは上向きに設定する

扇風機を下向きにつける

クーラーを28度設定にしても、なかなか涼しくならないという人は、クーラーの下で扇風機を回してみましょう。

また扇風機の向きは下向きにしましょう。

冷たい空気は下に溜まっていくので、扇風機を下向きにすることにより、冷たい空気が循環します。

風向きを水平か上向きにする

さきほども言いましたが、冷たい空気は下に溜まっていきます。

クーラーの風向きを下向きにすると、上の空気は暖かいままなのでなかなか冷えません。

なので、クーラーの風向きを水平もしくは上向きにし、上の方の暖かい空気を冷やして効率よく空気を循環させましょう。

つけたり消したりしない

頻繁にクーラーをつけたり消したりするのはやめましょう。

部屋が冷えてから一度消して、暑くなったらまた付けるを繰り返すとかえって電気代がかかります。

クーラーは部屋を冷やすときに一番電力を使うので、一度部屋を冷やしたら後は消さずに微風で温度を保つようにしましょう。

そうすることで、電気代が節約になります。

自動運転モードにする

自動運転モードがついているクーラーは自動運転モードを活用しましょう。

自動運転モードでクーラーをつけると、部屋を冷やすときは強風運転、その後は微風運転に自動でしてくれます。

これはクーラーの一番効率の良い運転方法で、電気代の節約になります。

まとめ

クーラー代は高いのでなるべく節約したいですね。

高校生の時は18度にしていました。

親によく怒られていましたが、いざ自分で電気代を払うとなるとやっぱりもったいないので18度にはしません。

これから本格的な夏がきますが、少しでも節約して、エコな生活をこころがけたいです。

スポンサーリンク

ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です