意識高い系の人たちから学ぶこと

スポンサーリンク

先日おじさんがスタバに行って思うこと8選という記事を書いていて思ったのですが、スタバでマックのノートパソコンをしている人たちの事をみなさん”意識高い系”と呼んでいます。

やたら”意識高い系”という単語を見るのででどういう意味か調べてみたら、意識が高い人と意識高い”系”で意味がだいぶ違うことがわかりました。

嫁に聞いたところ、もう一昨年ぐらいには流行っていたそうです。

ドラマでもやっていたみたいです。

僕は知りませんでした。

もう若くありません。

意識高いに”系”がつくことで”悪口”の意味になります。

日本語って難しい。

意識が高い人と意識高い”系”の違いについて書きます。

意識が高い人

意識が高い人とは

【意識が高い人】

  • 何かに強いこだわりがある人
  • 仕事にやりがいをもって取り組んでる人
  • 理想の自分になるため、それに向かって努力している人
意識が高いとは、上記のように理想に向かって黙々と努力し、結果を出します。

理想に向かって黙々と努力するというのがポイントで、意識が高い人は、いちいち人に言わず黙って努力し、結果を出します。

意識高い”系”

意識高い系の人とは

【意識高い系の人】

  • 何かに強いこだわりがあるように思われたい人
  • 仕事にやりがいをもって取り組んでるように思われたい人
  • 理想の自分になるため、それに向かって努力しているところを知ってほしい人

「思われたい、知ってほしい」というのがポイントで、意識高い系の人は、結果よりもその過程を人にアピールします。

自分がデキる人に思われたいためSNS等のプロフィールを盛って自分を過大評価します。

また、SMSに投稿するために行動したり、人脈の広さをアピールします。

意識高い系から学ぶこと

僕も自分を良く見せたいという欲はあるため、意識高い系の部分もあると思います。

下記、意識高い系から学ぶことをまとめました。

不言実行

不言実行。

意識が高い人は不言実行をしています。

意識が高い系の人は有言不実行なことが多いです。

僕は有言不実行になることが多々あります。

有言不実行ほどかっこ悪いことはないですね。

だったら不言実行で実行できた方がかっこいいです。

僕はなるべく不言実行で努力していこうと思います。

過剰な自己アピールしない

過剰な自己アピールはしないようにしましょう。

ある程度は良いと思いますが、自分の話ばかりしていては相手は引いてしまいます。

自分の話ばかりでなく、相手の話も聞くようにしましょう。

僕はあまり話すタイプではないので、人の話はよく聞く方ですが、嫁に対しては自分の話ばかりしてしまうので、嫁の話もちゃんと聞こうと思います。

また、フェイスブック、ツイッターなどのSMSでも、過剰なアピールはやめましよう。

意識高い系は悪いのか?

意識高い系って悪口の意味だと思いますが、意識が高い事は悪い事ではないと思います。

もちろん過剰にアピールしたり、有言不実行になるのは良くないことですが、目標を高く持つことは大切な事です。

僕は行動力がないですが、フェイスブックなどSMSで意識高い系の人の投稿を見ているとすごい行動力だなと感心します。

フェイスブックに過剰に載せてアピールしているのはどうかと思いますが、この行動力はすごいといつも思います。

意識を高くすること、行動力をつけることは真似していきたいです。

まとめ

「意識高い系」という言葉を知り、僕自身当てはまる部分もあり勉強になりました。

意識高い系とは、口でいろいろ言ってはいるけど、中身が伴っていない人の事です。

意識は高く持ち、不言実行が理想ですね。

このブログで不言実行を書いている時点で不言実行じゃない気がしますが。。。。

実生活では不言実行していきたいですが、ブログでは思ったことを書いていこうと思います。

スポンサーリンク

ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です