僕が好きなイチロー選手の言葉

スポンサーリンク

マーリンズのイチロー選手が2016年6月15日に、パドレス戦で2安打を打って、日米通算4257安打となりました。

これは、ピート・ローズ氏が持っている歴代安打記録の4256安打を抜いて、世界歴代1位となりました。

本当にすごいですね。

日本のプロ野球では1278本、メジャーリーグでは2979本とメジャーでも通算安打記録も残り21本と迫っています。

今年中には達成できそうですね。

イチロー選手には学ぶべきことがたくさんあるので、僕が好きなイチロー選手の名言・格言を紹介します。

僕が好きなイチロー選手の言葉

下記、僕が好きなイチロー選手の言葉を紹介します。

1つ目

小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道です。

引用:イチローの言葉

以前、イチロー選手の成功の秘訣についての記事を書きましたが、僕はこの言葉が一番好きです。

いきなり大きなことは出来ないので、毎日目標に向かって小さなことを積み重ねていきたいです。

2つ目

高い目標を成し遂げたいと思うなら、常に近い目標を持ちできればその次の目標も持っておくことです。

それを省いて遠くに行こうとすれば、挫折感を味わうことになるでしょう。

近くの目標を定めてこそギャップは少ないし、仮に届かなければ別のやり方でやろうと考えられる。

高い所にいくには下から積み上げていかなければなりません

引用:イチローの言葉

同じような言葉ですが、いきなり高い目標は成し遂げられないですね。

自分に出来そうな小さな目標を作り、少しづつ高い目標に届けば良いと思います。

3つ目

「できなくてもしょうがない」は終わってから思うことであって、途中にそれを思ったら 絶対に達成できません。

引用:イチローの言葉

スラムダンクの安西先生が言った、あきらめたらそこで試合終了ですよに似ていますが、何事も初めから出来ないと思い込むのは良くないですね。

僕はあきらめ癖が激しいので、途中でできないと思うのではなく、最後まであきらめず目標に向かって少しづつ続けて行きたいです。

4つ目

ここまで来て思うのは、まず手の届く目標を立て、ひとつひとつクリアしていけば最初は手が届かないと思っていた目標にもやがて手が届くようになる ということですね。

引用:イチローの言葉

僕が、好きな言葉はどれも良く似ていますが、自分の手の届く目標を立てて、大きな目標を達成するという考え方が好きです。

5つ目

そりゃ、僕だって勉強や野球の練習は嫌いですよ。

誰だってそうじゃないですか。

つらいし、大抵はつまらないことの繰り返し。

でも、僕は子供のころから、目標を持って努力するのが好きなんです。

だってその努力が結果として出るのは嬉しいじゃないですか。

引用:イチローの言葉

イチロー選手も勉強や練習は嫌いなんですね。

驚きました。

しかし、目標を持って努力することが好きだと行っています。

僕も目標を持って努力していきたいです。

まとめ

今回は僕が好きなイチロー選手の言葉をまとめました。

今回選んだ言葉は、どんなに高い目標をたてても、小さな目標をひとつひとつクリアしていかないと、目標は達成できないといった点で共通しています。

あきらめずに、小さな目標をクリアしていくことは難しいですが、いきなり大きな事は達成出来ないので、僕もまずは目の前にある小さな目標を作り、毎日それを積み重ねていきたいです。

スポンサーリンク

ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です