「http」から「https」に変更しました。【wpXクラウド】

最近ヤフーのサイトを開くと、

「保護された通信 | https://https://www.yahoo.co.jp/」

と出てきます。

「https」とは何なのか調べてみました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

httpsとは

httpsについては下記サイトを参考に調べました。

TIME & SPACEは、KDDIがお届けするデジカル系情報マガジンです。

「https」は「Hyper Text Transfer Protocol Secure」の略。

「Secure(セキュア)」とは「鍵がしっかり掛かって安全だ」という意味。つまり、この命令とは「http」にプラスして「鍵をしっかりかけて安全に」と注文していることになる。

引用元:TIME & SPACE http://time-space.kddi.com/ict-keywords/kaisetsu/20160311/index.html

インターネットに詳しくない為良くわからない部分もありますが、要するに「http」の時よりも「https」の方が安全なようです。

今は買い物サイトやオンラインバイキング、SNSのほとんどが「https」になっています。

僕のサイトでは大切な個人データを扱っているわけではありませんが、安全に越したことはありません。

早速「https」を導入してみました。

wpxクラウドでのhttps導入

僕は、自分のページをwpxクラウドというサーバーで運用しています。



始めは、バリューサーバーで運用していましたが、なんとなくページ速度が遅い気がして乗り換えました。

今はとても早くて快適です。

そして、このwpXクラウドは「HTTPS化」に対応しているので、少し手こずりましたが、思ったより簡単に「HTTP」から「HTTPS」に変更できました。

wpXクラウドにてHTTPS化する際に下記サイトを参考にしました。

wpXクラウドにSSL導入した手順について。 ひとまず 2016年8月17日午後にエックスサーバー株式会社からのメールで SSL導入可能になったことを知る。 先月Xserverが無料でSSL導入可能になったことから考えても斬新さはないものの、 簡単にSSL導入可能ということで試してみた。 ※始める前にデータベースのバ…

「http」が保護された通信「https」となり、緑色の鍵マークが現れたときは少し感動します。

これで僕のサイトも安全なサイトとなり、安心しました。

まとめ

ワードプレスでブログを運用していると、こういった変更に対応しなければならず、少し手間です。

しかし、勉強になるので良いかと思っています。

「http」から「https」に変えると、不具合が出ることもあるみたいなので、様子を見ながら不具合が出たら対処していきたいです。

ブログランキング

ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク