食事をさらに美味しく食べる方法

スポンサーリンク

僕は最近痛風とダイエットのため、以前より食事量を減らしています。

食生活が変わり気づいたことがあります。

それは以前と同じ物を食べているのに、満足感が違うということ。

当たり前の事ですが、空腹時に食べるご飯はいつもより美味しいです。

この事に気づくまでの経緯について書いていきます。

痛風発生前の食生活

僕は痛風になったあとに、ダイエットを行いました。

今までの食生活

朝:コーヒー牛乳に目玉焼き、ウインナー

昼:肉中心のオカズにご飯大盛り、さらにおかわり

夕:肉中心のオカズにご飯大盛り、さらにおかわり

夜:ダシの利いた雑炊、カップラーメン、インスタントラーメン

間食:パン、おにぎり、うどん、ラーメン

今考えれば痛風になるべくしてなったんだと思います。

1日で2日分くらいのカロリーを取っていますね。

とにかくいくら食べても満足出来ませんでした。

飲み会後のラーメンは当たり前

飲み会後のラーメンは当たり前に食べてました。

しかし、そのラーメンは他の人に付き合って食べているためあまり美味しいものではありませんでした。

飲み会後なので当然お腹は空いてませんでしたし、酔っているので味もわからずただお腹に入れるって感じです。

夜の雑炊、ラーメンは当たり前

夜になると、少ししかお腹が空いていないのに、雑炊、ラーメンを一人で作って食べていました。

今考えると恐ろしいことをしたと思います。

夜の雑炊、ラーメンなどは太るだけで体に良くないですね。

結局食べても罪悪感が残り少しの満足感しかありませんでした。

痛風発生後のダイエット

痛風発生後の食生活を書きます。

朝:抜き

昼:サラダ、ハム、スープ

夕:サラダ、ハム、スープ、おかず(ヘルシーな物(豆腐、魚など))

かなり極端に食生活が変わりましたが、この生活を1ヶ月くらい続けました。

最初は本当に大変でしたが、だんだん慣れてきて今は大丈夫です。

体重も1ヵ月で7キロくらい落ちました。

この食生活をしていて思ったのは、サラダがこんなに美味しいと気づいた事。

以前は、好きなものを好きなだけ食べて、サラダなんかまずくて食べられませんでしたが、野菜の味ってこんなに美味しいんだと気が付きました。

食事の量を減らすことで、1つ1つの食品をよく噛みしめて食べるようになり、食事に対する満足度も増しました。

ダイエット中のラーメン

痛風のため始めたダイエットも1ヵ月を過ぎたころ、痛みもなくなってきたので、久しぶりに家族でラーメン屋に行ってきました。(ホントは良くありませんが)

tufu-ramen

1ヵ月間ダイエットを行ってきてから始めて食べるラーメン。

めちゃくちゃうまい。

魁力屋というラーメン屋なのですが、いつも食べる魁力屋のラーメンの10倍くらいは美味しかったです。

tufu-cyahan

久しぶりのお米。

めちゃくちゃうまい。

どんなに高級な料理より、きっとこの時に食べたチャーハンの方が美味しいでしょう。

結論

ダイエット中のラーメン、チャーハンは今まで食べたどのラーメンよりも美味しかったです。

やり方はシンプルで、ダイエットをして空腹を保ってから食べるだけ。

空腹は最大のスパイスだということが痛風になってわかりました。

ダイエットも出来て一石二鳥です。

しかし、体に良いかはわかりません。

気になった人は一度試してみてください。

スポンサーリンク

ランキング参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です