バルミューダの電気ケトルはシンプルで美しい

balmuda-the-pot8

スポンサーリンク

先日、バルミューダの電気ケトルを購入しました。

僕はあまり購入に乗り気じゃなかったのですが、嫁がやたらと欲しいと言っていたので購入しました。

何がそんなに良いのかわからなかったのですが、バルミューダの電気ケトルを一目見て理由がわかりました。

バルミューダの電気ケトルはデザインがとてもシンプルで美しいです。

今まで全然興味がなかったのですが、バルミューダの電気ケトルにとても興味が沸きました。

そもそも電気ケトルってよくわからなかったので、まず電気ケトルについて調べました。

電気ケトルとは

電気ケトルって何か良くわかりません。

調べてみました。

  • 電気でお湯が沸く
  • お湯が沸くと自動で電源が切れるものが多い
  • 容器底面など熱くならないのでテーブルなどにじか置きできる
  • 場所を選ばずに使用できる
  • 保温はできないが、すぐにお湯が沸くのでどちらかというと少人数の家庭向き
  • コーヒー1杯分(140cc)を沸かすのに、わずか61秒の1250W電気ケトル(スイッチオフは76秒)【(財)日用金属製品検査センターにて試験実施(室温20度、水温20℃にて計測)】(T-FAL)

引用元:はてなキーワード 電気ケトルとは

電気ケトルは、ポットと違って保温は出来ないんですね。

ただ、すぐにお湯が沸く、テーブルなどにじか置き出来る、自動で電源が切れるなど使いかっては良さそうです。

バルミューダとは

次にバルミューダについて調べてみました。

バルミューダは2003年に東京で設立されたクリエティブとテクノロジーの会社です。クリエイティブな心で夢見た未来を、テクノロジーの力で実現して人々の役に立つ。これが私たちのミッションです。

現在の主力商品は家電。かつて家電は不便さを解消することで人々の役に立ってきました。しかし今、私たちの生活は十分に便利になりつつあります。そして家電に求められているものも、変わってきているのだと感じます。

現代を生きる私たちが道具やサービスに求めているのは、驚きや感動、うれしくなるような体験なのだと思います。バルミューダは家電という道具を通して、心躍るような、素晴らしい体験をお届けしたいと考えている企業です。

引用元:https://www.balmuda.com/jp/about/ バルミューダ株式会社について

バルミューダは、東京の会社なんですね。

こちらがバルミューダの公式ホームページです。

バルミューダ 公式ホームページ

なんとなく海外の会社だと思ってました。

やはり主力商品は家電。

バルミューダは家電を通して、驚きや感動、素晴らしい体験を届けるように考えているという部分がとても良いなと感じました。

バルミューダの電気ケトル

そして、我が家が購入したバルミューダの電気ケトル。

どんな商品か調べてみました。

ちょうどいいサイズ、使いやすい軽さ

バルミューダの電気ケトルは、ちょうどいいサイズで、軽いです。

コーヒー3杯、カップヌードル2杯分。よく使う量に合わせたサイズです。取り回しやすく、さっと使える軽さです。

引用元:https://www.balmuda.com/jp/pot/design バルミューダ デザイン

気持ちいい注ぎごこち

バルミューダの電気ケトルは、手になじみやすいように、研究しつくされたデザインです。

使いやすいデザインって美しいです。

研究しつくされたハンドルとノズルが今までにない注ぎ心地を実現しました。ハンドルはすっと手になじみ、ノズルは湯切れよく、ねらったところに的確に注ぎやすいように設計されています。

引用元:https://www.balmuda.com/jp/pot/design バルミューダ デザイン

ゆっくりも、はやくも自由自在

バルミューダの電気ケトルは、注ぐ速度をコントロールできるようにデザインされています。

これなら、お湯を注ぐ時間も楽しくなりそうです。

ドリップコーヒーはゆっくりと、カップ麺はすばやく。ストレスなく流速をコントロールすることができるので、湯を注ぐ時間が今よりもっと楽しくなります。

引用元:https://www.balmuda.com/jp/pot/design バルミューダ デザイン

どこからでも見やすい灯り

バルミューダの電気ケトルは灯りにもこだわっています。

これなら、お湯が沸くのが楽しくなりそうです。

いろいろな角度から見やすい電源ランプは小さなネオン管を使った独特の優しい灯り。湯を沸かすほんの一瞬も豊かな時間になります。

引用元:https://www.balmuda.com/jp/pot/design バルミューダ デザイン

早速届いたバルミューダの電気ケトルを開けてみる

バルミューダの電気ケトルが届きました。

balmuda-the-pot1

箱もなんとなくカッコいいです。

嫁が写真を撮ったので、いつもは写真が横なのですが縦になってしまいました。

早速開けてみます。

balmuda-the-pot2

箱を開けると、

「毎日のおいしい時間をぜひお楽しみください。」

と書いてあります。

洒落ています。

balmuda-the-pot3

箱には、収納の仕方も載っていました。

balmuda-the-pot4

こちら、バルミューダ電気ケトルの台です。

balmuda-the-pot5

バルミューダ電気ケトルの本体です。

シンプルでとてもカッコいいです。

balmuda-the-pot6

台に本体を載せました。

残念だったのがコンセントが黒だったことです。

我が家なるべく白で統一しているので、コンセントが白だったら完璧でした。

balmuda-the-pot7

バルミューダの電気ケトル。

やっぱりカッコいいです。

ただ、その他のところがちょっと整理されていないので、今度ちゃんと整理したいと思います。

送料無料 ケトル 電気ケトル ポット 【あす楽14時まで】 到着後レビュー特典バルミューダ ザ・ポット ポイント5倍BALMUDA The Pot [ K02A-BK K02A-WH ]電気ポット おしゃれ ポット◇湯沸かしポット コーヒー 結婚祝い 家電 キッチン家電 新生活

価格:11,880円
(2017/9/13 10:01時点)
感想(131件)

まとめ

今回、嫁がどうしても欲しいと言っていたので、バルミューダの電気ケトルを購入しました。

しかし、いろいろ調べてみると、僕もバルミューダの電気ケトルはとても気に入りました。

おいしい食事は私たちに元気をくれます。特別なごちそうでなくても、おいしいと思う瞬間が多いほど、楽しい思いもふくらみます。BALMUDA The Potとともに素晴らしいひとときを。

引用元:https://www.balmuda.com/jp/pot/design バルミューダ デザイン

特に、おいしいと思う体験、楽しいと思う体験をしてほしいと込められた思い、コンセプトがとても好きです。

実はまだこれでコーヒーを入れてないのですが、夜ゆっくりこれでコーヒーを飲みたいです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください